FT-1(トヨタ×BMW)



トヨタは自らの力でスポーツモデルを作っておらず、もっぱらハイブリッドモデルばかりを作っていますが、世の中はそろそろミニバンもハイブリッドカー飽きてきたころでそろそろみんながアッと驚くようなスポーツモデルを作ってもらいたいと思い始めています。プリウスの維持費はいくらくらい?

そんなところで発売された86、ふたを開けてみればスバルにほとんどのことをやらせてトヨタはおいしい思いをしただけで、トヨタのスポーツモデルという風には見ることができませんでした。

そして現在、トヨタは新しいパートナーを見つけてスポーツモデルを作ることになったのです。

それが開発名FT-1、日本では次期スープラなどといわれていますが、パートナーはドイツの自動車メーカーであるBMWで、エンジンの提供をメインとした共同開発という形で作られそうです。

今のところこの車の詳しいことは内外装のデザインぐらいしかわかっていないのですが、海外メディアではトヨタのハイブリッドシステムと搭載したハイブリッドモデルで、エンジンはBMWの2.5リッター直列4気筒ターボエンジンが搭載されるなどといわれています。

パワーは400psあたりになるといわれているのですが、その辺もまだまだ推測にすぎません。

ただBMWのエンジンにトヨタのハイブリッドシステム、あるいはプラグインハイブリッドシステムを使うということはかなり現実的な見方らしく、更にBMWでもこの車とプラットフォームを共用したスポーツモデル、次期Z4を発売する予定があるとのことです。

一つ気になるのが生産する場所、噂では86の時のようにBMWに丸投げしてしまうのではないかなどといわれていますが、相手が天下のBMWでもトヨタだったらやりかねないことだと思います。