Q30(日産×ダイムラー)



日産の海外向け販売チャネルであるインフィニティが2015年に販売する予定となっているQ30という車、この車の実は純粋な日産製ではなく、ほぼダイムラー傘下のメルセデスベンツの部品を使って作られるといわれています。

Q30はコンセプトカーの見た目だけで見れば、日本でスカイライン・クロスオーバーとして販売されているQX50の後継モデルとされていますが、そうなるとQX30となるのが正しいネーミングなのですが、あえてQ30としているということはクロスオーバーSUVではなく、単なる5ドアハッチバックモデルということが言えます。

この車は、ほとんどのメルセデスベンツのパーツで作られることになりそうで、プラットフォームからエンジン、ドライブトレーンなどそっくりそのままメルセデスベンツのAクラスのものを使うことになるようです。

違うのはボディとインテリアだけというかなり大胆な車ですが、これらのプラットフォームやエンジンなど日産が現在持っていないものであってその穴を埋めるための措置とみることができます。

エンジンもメルセデスベンツのA180に搭載されている1.6リッターターボエンジンやA250に搭載されている2リッターターボエンジンが最有力候補となっており、まさにメルセデスベンツのAクラスの兄弟車という形になると思われます。

このモデルは日産とダイムラーに技術をあわせて作られた車というよりもメルセデスベンツの車をインフィニティに持ち込んで、インフィニティらしくモディファイしたものとみることができ、このクラスの車を持っていない日産にとっては、まさにいい穴埋めができたといったところでしょうか。